Img_166483e9db2472786a758ae211f68213
母から譲り受けたダイヤモンドを婚約指輪として制作してほしいです。


という、ご希望をいただきまして、
イリジウム割プラチナでお作りさせていただいた、婚約指輪です。

ミル打ちで縁取られた、かわいらしい腕に、
4つヅメの端正な石座を設けたことで、クラシカルな雰囲気を残しつつも、
現代的なデザインにまとめさせていただきました。

くるみの木箱も、婚約指輪のために、縦に立てられる特別仕様で制作。
箱を空けた瞬間の歓びを、想像して作らせていただきました。

お母さまから譲り受けたダイヤモンドを、指輪の台座を替えながら、ずっと愛でてゆく。
やっぱり、ダイヤモンドって素敵ですね。


(写真画像をクリックすると拡大表示されます)
Img_fd46f569e64fb422c662a42ae11d28a6
イリジウム割りプラチナを成形
Img_6a8cd9455d8eb25434af5ae402a25847
端正な4本ヅメの石座
Img_3bac1775369d86f695120f6e5b192230
婚約指輪用の木箱
Img_459335e0f4f7ecda0503dc25e1fe93ae
☆お客さまのコメント
「廣瀬様
お世話になっております。
先ほど、婚約指輪が届きました!
あまりに美しくて惚れ惚れしてしまいました。
ハフニウムの結婚指輪と重ねてつけると
白と黒のコントラストがまたきれいです。
そう考えるとタンタルでも良かったかな、という気も…笑
とても気に入りました!
あまりしまっておかずに積極的につけていきたいです。
この度はありがとうございました!
また何かありましたらよろしくお願いいたします。」
Img_6bf397fc7cf1c765eb249b1cc4e68b0d
プラチナ900×イリジウム100 婚約指輪 オーダーメイド 幅2.8mm
ダイヤモンドはお持ち込み
ペアで¥226,800(税・送料込み)


金属アレルギーの心配が極力少ないプラチナ900×イリジウム100で、
婚約指輪の制作、リメイクを承ります。ご注文・ご相談はこちらから→  (Click!) 

これまでにお作りした婚約指輪は他にもこちらに。→  (Click!) 
Img_7bab3ab125315d6ad9e104a443c1ada8
結婚指輪ではなく婚約指輪をお願いしたいのですが
彼女が金属アレルギーなので指輪は1つも所持しておらず、本人も指のサイズがわかりません。
希望日は7月5日以前なんですが、サイズがわからなくても可能でしょうか?


という、お問い合わせをいただいたところから
お作りした婚約指輪です。

急の納期で、制作期間は2ヶ月ちょっと。
サイズも分からず、内緒でサイズを調べる方法も分からず、
そんなご相談からはじまって、

金属アレルギーの心配がない金属ということで
ハフニウムを素材として選び、
メールでデザインの打ち合わせを重ねながら、制作を行ないました。

最後の仕上げは、ダイヤモンドの石留め。
天の川に見立てて石の大きさや数、配置のご希望をいただき、
いただいたご希望を元に、石を探しました。
そうして見つかったのが中央のDカラーの美しいダイヤモンド。

「金属アレルギーでも気にせず着けられるものを」
「大切な想いがいっぱい詰まったものを」
そんなお気持ちがこもった婚約指輪が出来上がりました。


(写真画像をクリックすると拡大表示されます)
Img_1ba6ec03fdfe1b5014f7b6e12341fe8b
純ハフニウム無垢材を削り出して制作
Img_f505d9ee1d2a864cab2db98a35cff469
Dカラー・0.156ctのダイヤモンドを中央に
Img_5c040a46980621797d7d1e6d737bef0d
プロポーズ用の木箱を削り出しました。
Img_150480a0ef736db35ac1b6aab8e7ad7f
☆お客さまのコメント
「短い期間での作製ありがとうございました。帰宅してからもずっと眺めてしまいました。
明日の天気は生憎の空模様ですが、気持ちは晴れ晴れしてるので思い切って行くつもりです。
素晴らしい指輪を作製していただきありがとうございました。」
Img_40ef00c9c57ad5da75ac8b402c73bdc5
ハフニウム 婚約指輪オーダーメイド 幅5mm
ダイヤモンド(φ3.6mm×1点、φ2.1mm×4点)石留め
ペアで¥416,880(税・送料込み)


指輪のご注文・ご相談の詳細はこちら。→  (Click!) 

金属アレルギーにならないハフニウムの指輪は他にもこちらに。→  (Click!) 
Img_b8727570a5fc290f7b9216633c50dd23
結婚指輪と併せて、ダイヤモンドの婚約指輪も作ってほしい。
結婚指輪と重ね着けしたときに、きれいに見えるデザインで。


という、ご注文をいただき、お作りさせていただいたソリティアリングです。

今回、ダイヤモンド選びの際に、もっとも重要視したのは、
カラーと大きさです。

なぜなら、Dカラーという色は、ダイヤモンドの最高の白い色ですが、
これは、自然界にある最も美しい色だからです。

一般にはD、E、F、G、Hカラーまでが、全部白色として扱われますが、
やはりDカラーとEカラーの間には大きな隔たりがあります。
ダイヤモンドを多く見比べると、Dカラーは肉眼でも一目で輝きが違うのが分かります。

そして、カラット。
自然に産出するダイヤモンドの大きさは、ごまかせません。


一方で、これはあくまで僕の考えですが、
カットというのは人間の手によるものです。

また、クラリティについても、
カットによって、ある程度、人間の手でコントロールできてしまうものです。
削り込みの量で、不純物の見える量を調整できるからです。

最近では、カットとクラリティのよいものが高値で取引されるため、
カットとクラリティが優先されて研磨される石が多いようですが、
プロの鑑定にしか表れてこない差異に、価値が置かれすぎることには疑問を感じます。


やはり、100年、200年、時代の流行り廃りを超えて価値があるのは、
自然の美しさなのではないかと思います。


1.059カラット、Dカラーのダイヤモンドを選び出し、
プラチナ900-イリジウム100という金属アレルギーの心配が少ない素材のリングにセットして
1粒石のダイヤモンドの婚約指輪が出来上がりました。

お渡しの時に感動の涙を浮かべて、
喜んでくださったお顔が忘れられません。



(写真画像をクリックすると拡大表示されます)
Img_70a1975fb0077d629f0e54eda5d6c8fb
水滴の王冠のような4つツメ
Img_68a273b620f5caa1287f453aca4ee559
側面から見ても端正な石座
Img_884bec7756f593ad1eb1d833f74841c3
黒檀の手作り木箱にお入れして
Img_c16c618a186d01dac0328750f76f9fa2
石座の周辺はリングの幅を絞ったデザイン
Img_db8c8dd256bde7717fbfb42b9ec178a6
シンプルで端正な全体バランス
Img_10bc78e1b1eeaa12bbfd4cdda6b3f663
マリッジリングとの重ね着けも美しい
Img_b3ba40f06b3963d0dd0ff9a490a6cfc8
ダイヤモンド ソリティアリングオーダーメイド
ダイヤモンド:1.059ct、Dカラー、VS2、GOOD CUT
リング素材:プラチナ900-イリジウム100      ¥1,120,000(税・試作代込み)


指輪のご注文・ご相談の詳細はこちら。→  (Click!) 

今回のように、Dカラーのダイヤモンドで大きなものにつきましても、ご相談ください。
Img_079dc9c8f2b0be8fd96b6f7eb6600161dfd1b491
王権を掌握するような特別な体験を、指輪を通して実現できないか?

ブランドでもなく、技術力の誇示でもなく、持てる力と魂の全てを注いだ究極の指輪を。


という、まさに、世界の頂点を極める指輪です。

天啓を象徴する金属イリジウムと、
地上の王権を象徴する大粒ダイアモンドを組み合わせて、
究極のソリティアリングに仕上げました。


約6500万年前、時代の主役は恐竜から、われわれ、ほ乳類に移り変わりました。

恐竜の時代(中生代)とほ乳類の時代(新生代)の間の約6500万年前の地層(KT境界という)には、
世界中、どこで調べてもイリジウムが高濃度に存在しています。
宇宙でもっとも重いイリジウムは、普通、地殻にはほとんど存在しないはずなのに、です。

このことは、どういう意味を持つのでしょうか?

ご存知の方も、いらっしゃると思いますが、
イリジウムを大量に含む直径10キロもの巨大隕石が落下したタイミングと
恐竜時代とほ乳類時代の変わり目の時期がぴったり重なっていることから、
恐竜の絶滅は、巨大隕石の衝突によるものと証明されました。

イリジウムは、天啓を象徴する金属です。


一方、ダイアモンドは、地球の奥深くで生まれます。

ダイアモンドはそもそも、炭素ですから、地球上にはありふれた物質であり、
わたしたち人間の体を構成する元素のうち18%を占めるほど、炭素は身近な存在でもあります。

ところが、地球の奥深く、3万気圧、1300℃以上という強烈な環境におかれると、
バラバラの方向を向いていた炭素原子は、律然とした配列をとるようになり、
地球でもっとも美しく、もっとも強固な結晶、ダイアモンドに変容します。

この高温は、地球誕生の時から続く、まだ冷めない熱の名残であり、
高圧は、地球自体の重さによるものです。

想像してみると、私たちの足下、200kmの深いところでは、大量のダイアモンドが、
しかもマグマの光と熱の中で輝いているのでしょう。

そんなダイアモンドが地球内部からの急激な噴出に乗って、地上に現れ、
光学的に美しいカットを施されて、最高の輝きに変わります。

ダイアモンドは、王権の象徴です。


もし、あなたが、

「地球で最高のものを贈りたい」

と考えたら、イリジウムとダイアモンドの組み合わせしかないのではないでしょうか?


永年の研究を経て、白く輝くイリジウムを指輪にする方法を開発し、
1.846カラット、Dカラー、VVS2、トリプルエクセレントカットのダイアモンドを
最新のストーンセッティング技術の開発によって組み合わせて、
見た目にも煌びやかな、究極の指輪が完成しました。

(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)
Img_2fd9edd4ec6ce9b8135ff3a7f2024b05ae3feb8f
イリジウム材料
Img_2138f49f14b391f21189ab4ba00c2369
ディアナサンダイヤモンドでも制作可能です。
Img_9e229cd194db8e0c742e4d3d607a2e97
銘木・黒檀の木箱に入れてお渡し
Img_6363f4c91134a1527a3c77b6b5f4a5f01b5ce8b7
ダイアモンド×イリジウム ソリティアリング  完全受注生産 ¥10,000,000〜
(生涯メンテナンス付き、ダイアモンドの指定も可能)


ご注文、お問い合わせはこちらからお願いいたします。→ (Click!) 

ダイアモンドはこちらからもお選びいただけます。→ (Click!) 

製品一覧はこちら → (Click!)