Img_b6c3091fbfd248ba85331b61523fad9a
千葉テレビ『ビジネスフラッシュ』で、代官山指輪工房の特集番組を組んでいただきました。
4ヶ月前から、打ち合わせ・取材をいただきましたので、
それに合わせてお作りしたのが、このペアリングです。


男性リングは、漆黒のタンタルを、究極にシンプルな形状で磨き上げたデザイン。
女性リングは、ハフニウムの土台に、ダイヤモンド13石留めた、エタニティセッティングです。

一切の奇をてらったところはありませんが、
最上級の素材を、永年愛用していただけるような耐久性・着け心地に、構築しています。
今現在の私が考えうる、究極のかたちを作りました。
タンタル、ハフニウム素材ですから、もちろん金属アレルギーの心配も無しです。

こちらのペアリングは、代官山までお越しいただけましたら、
お手に取って、ご覧いただくことが可能です。
ぜひ、ご予約の上、お越しください。


(写真画像をクリックすると拡大表示されます)
Img_c6f2b39e0a92b4520760589f2ad9f456
Img_756790a368d1b7c7514dc80a65d584c0
Img_7237a0993409065378cbc1d1eca9c532
Img_8b81ae24a5e46afe18446e6c9e930587
ペアリング
男性リング(右):タンタル、幅3.5mm
女性リング(左):ハフニウム、幅2.0mm、直径2.0mmのダイヤモンド(0.05ct)×13石
ペアで¥781,920(税・送料込み)


指輪のご注文・ご相談の詳細はこちら。→  (Click!) 

代官山指輪工房
ご予約・お問い合わせフォーム→  (Click!) 
担当者直通TEL→ 080-7826-6811
Img_2419493a150566cea355fc2402851048
結婚指輪をお願いしたいのですが、
実際に実物を見て、お話できますか??


という、お電話をいただきまして、お作りさせていただいた、
スクエアカットダイヤモンドをタンタルに石留めした結婚指輪です。

石留めの方法は、スクエアカットのダイヤモンドを
指輪の幅いっぱいに留める独自のプリンセスハグ・セッティングという留め方。

鍛造加工で、硬度とバネ性を鍛え上げたタンタルが、
ダイヤモンドをしっかりとホールドしている上に、
引っかかりのないスマートな形に収まっていて、
普段使いの結婚指輪にもかかわらずダイヤモンドが煌めいています。

鏡面に磨き上げたタンタルとダイヤモンドの組み合わせも非常に美しい、自信作です。

機能と美しさが両立した、世界の他のどこにもない結婚指輪が完成しました。


(写真画像をクリックすると拡大表示されます)
Img_77ee92fc3de98fae173d694dd9cde1ba
タンタル材を切り出し
Img_e1123dadd4bacd15484cc04fb880d8ee
デザインを削り出し終えた
Img_7033d6b4710929cfc09ed110c4f2d0eb
あとは文字入れと最終仕上げで完成
Img_f755a163f0b4d4baa9c52d6d588b7ac9
☆お客さまのコメント
「とても素敵な指輪を作っていただきありがとうございます。」
Img_a521e16c5d66912e267f49fc3609496e
タンタル ペアリングオーダーメイド 
ダイヤモンド2.9mm・幅3.0mm(左)とダイヤモンド2.4mm・幅2.5mm(右)
ペアで¥429,840(税・送料込み)


指輪のご注文・ご相談の詳細はこちら。→  (Click!) 

ダイヤモンドを石留めした指輪は他にもこちらに。→  (Click!) 
Img_7771ce38a9233da7320f7d30b33abd0c
ホームページを見て、結婚指輪をお願いしたいのですが、、、


という、お電話をいただきまして
お作りさせていただいたタンタルの結婚指輪です。

タンタルは熔接が出来ない金属なので、
ツメを立てて石留めを行なうのが、非常に困難な素材です。
それで、開発したのが、このプリンセスハグという石留めの方法です。

プリンセスカットのダイヤモンドを、
リングの幅いっぱいにセットし、シンプルで余計な装飾は一切なし。

黒いタンタルを背景にしてダイヤモンドがまばゆい光を放ちつつも、
毎日身につけるのに適した、実用的なデザインに仕上がる石留めの方法となっています。

もちろんタンタル素材だから、金属アレルギーの心配がない上に、
プラチナの2.5倍以上の硬度があって非常に丈夫。
プラチナの指輪でありがちな変形もなく、石も強力にホールドしてくれます。
そして、基本的にメンテナンスの必要もありません。

美しさと実用性を兼ね備えた指輪に仕上がっています。


(写真画像をクリックすると拡大表示されます)
Img_30e9c7cb614bba3446b34a80c1600792
プリンセスカットのダイヤモンドを石留め
Img_7b9d258d321e0cfdb4c67c3d7786fb5a
硬いタンタルが石をガッチリ掴んでいる
Img_75150048c0a89fa04e729d9ffac98702
スマートな印象のデザイン
Img_c9563b4b2f88410119b80a3999e4646a
タンタル ペアリングオーダーメイド 幅5.5mm(左)と幅3.0mm(右)
プリンセスカットダイヤモンド石留め
ペアで¥394,200(税・送料込み)


指輪のご注文・ご相談の詳細はこちら。→  (Click!) 

金属アレルギーにならないタンタルの指輪は他にもこちらに。→  (Click!) 
Img_fd1b1a9a0176fb8fef12812f27fb9dd6
現在結婚を前提に付き合っている彼女が金属アレルギーのため、
Webでアレルギーに対応した指輪を探しているうちにこちらのサイトにたどり着きました。
結婚指輪や婚約指輪について、当人と一緒に見本を見せていただいたり、
ご相談させていただきたいと思ってます。


という、お問い合わせをいただきまして
お作りさせていただいたハフニウムの結婚指輪です。

普段、金属製品は一切、身に着けられないとのことで、
今回、お選びいただいたのがハフニウムでした。

ハフニウムは、化学的に非常に安定な不動態膜を生じる性質のため、
金属アレルギーの心配がなく、同時に金属として粘りと展延性があるため、
ダイヤモンドの石留めが可能で、しかもガッチリとホールドしてくれます。

このデザインのために、新しい石留めの方法も開発しました。

はじめて相談にお越しいただいたのが2013年末のこと。
2年がかりで準備をして、今年の結婚式に向けて完成することが出来た、
おふたりだけの結婚指輪になりました。
Img_405ed00f8e8d5444d43f547bde81cf28
ハフニウム材料
Img_a9b1448a16b44f6cffc11622086721ce
アルミの試作Ver.1
Img_12bf0cdb74ac503b4be870a77dd3002a
粗削りが出来た段階
Img_028cfdfc5172122f3d6f26e6794b2e5f
☆お客さまのコメント
「本日は、ありがとうございました。

指輪の完成をうれしく思うと同時に、足かけ2年もの
年月をお付き合いいただきましたので、今日のお別れが
やや寂しくも感じていたところ、そのようにおっしゃって
いただけると、とてもうれしいです。

ピアスの希望もございますので、そう遠くない将来
またご相談に上がるかもしれませんが、その際は
よろしくお願いします。」
Img_c59aebab778a90a55d295c8bf350de29
ハフニウム ペアリングオーダーメイド 幅3.5mm(右)と幅2.83mm(左)
ダイヤモンド石留め・オリジナル刻印
ペアで¥444,160(税・送料込み)


指輪のご注文・ご相談の詳細はこちら。→  (Click!) 

金属アレルギーにならないハフニウムの指輪は他にもこちらに。→  (Click!) 
Img_af778fc64f5523899f58de928890bd6e
10年前からディアナサンダイヤモンドを知っていて、ずっと気になっていました。
もし可能でしたら、サイズを問わず、アモール、アマテラス、菊、モナリザ、ソフィア、ダビデの星、
その他、在庫のある全てのカットを一通り拝見させて
いただければと思うのですが、可能でしょうか。


という、お問い合わせをいただきまして、
弊社で在庫しているディアナサンダイヤモンドをご覧いただき、
ご購入いただきました、86面カットのジャン・ル・ブルーです。

この石は、ウィトルウィウスの神聖幾何学を
ダイヤモンドのカットの設計に落とし込んで設計され、
開発者でもある数学者・首藤尚丈氏が存命時に作られた
もっとも初期のディアナサンダイヤモンドでもあります。

通常の58面ブリリアントカットの理想のパビリオン角40.75° に対して、
この86面ジャン・ル・ブルーは、パビリオン角44°で作られています。

これによって、長い波長の赤色は背面に抜けてゆき、
「ヨハネの青」の名前の通り正面からは青色が強く放射されるように設計されています。

開発当時の実験結果からは、このジャン・ル・ブルーの青色の光によって
免疫賦活作用があることが確認されています。


今回、このダイヤモンドは、指輪などに加工せず
裸石のまま、お持ちいただきました。

ディアナサンダイヤモンドのショールームが銀座にあった当時、
ディアナサンダイヤモンドは、裸石のまま購入することは叶いませんでしたが、
代官山工房では、裸石のまま愛でたいという方のために、お分けいたしております。



(写真画像をクリックすると拡大表示されます)
Img_cea63bf1bd35417a0a281cc4ea4e6113
お入れする木箱を制作
Img_602f3c46302d5545ba913e578dd5a4e8
銘木カリンの削り出し木箱
Img_32562ede11ef77aaf3a79a07aca8112b
背面側
Img_5da8fb8b45b5c4aacc3edc2ee3fd4601
☆お客さまのコメント
「早々にご発送いただきましてありがとうございました。
素敵な木箱に入ったジャン・ル・ブルーが届きました。
さっそく室内光や太陽光などの色々な光源で眺めて
独特の神秘的な輝きを楽しんでいます。

ブラックライトを照射してみたら比較的強いブルーの蛍光性を
持つピースだとわかりました。
ジャン・ル・ブルーの特性と相性が良いのか、特に太陽光に
当てると抜群に美しくて、とても気に入っています。

カリン材の手作り木箱も、指輪をオーダーされた方が羨ましいと
思って見ていたので、ルース用に作っていただけるなんて感激です。
ごまかしがきかないシンプルなデザインなのに、この正確さ。
相当な削り出しの技術が無いとできない、職人芸を感じます。
ダイヤと共に末永く大事にします。

これだけ確かな腕とセンスを持った職人である廣瀬さんに
選ばれたディアナサンダイヤモンドは、
本当に素晴らしい物なのだと再確認しました。

今回は本当にありがとうございました。
またの機会がありましたら、ぜひよろしくお願い致します。」
Img_23bde964f4e61dc03d66f633798722f2
ディアナサンダイヤモンド 86面カット・ジャン・ル・ブルー
0.260ct、Fカラー、VVS1        ¥545,000(税込)


ディアナサンダイヤモンドのご注文・ご相談の詳細はこちら。→  (Click!) 

ディアナサンダイヤモンドにつきましては、こちらのブログでも詳しく話しています。→  (Click!) 
Img_d0c8abc7f4217a50189628a878dfa5fd
お店に伺って、直接見てみたいと考えております。


というお問い合わせをいただき、
代官山までお越しくださいまして、各種素材やデザインをご覧いただき、
デザインを決定してお作りさせていただいた結婚指輪です。

男性リングは、金属アレルギーの心配がないハフニウムを素材に選び、
女性リングは、22金イエローゴールドにプリンセスカットダイヤモンドを留めています。
リングの幅いっぱいに留めたプリンセスカットダイヤモンドは、
出っ張りも余計なツメなどもない特殊な留め方をしているので、
シンプルでいて日常生活において実用的でもあります。


一見、素材もデザインも異なるペアリングのように見えますが、
じつは、仕上げ加工は同じにして、密かに共通点を作っています。

リング外周と側面の仕上げは、ダイヤモンド工具を使った綾目模様のヘアライン、
リング内側は、滑らかで着け心地が心地よい鏡面に磨き上げています。

世界でおふたりのためだけの結婚指輪が出来上がりました。



(写真画像をクリックすると拡大表示されます)
Img_d0d971c206951701ddcda22db7f62157
アルミでお作りした試作
Img_a3a6c8450872ba26ae872ab41fd0fb90
イエローゴールドとハフニウムとプリンセスカットダイヤモンド
Img_90ea71dad958ba1c9b999cd8921ed287
粗削りを行なった段階
Img_52362fc06046066790e6d4085bafcfe1
☆お客さまのコメント
「指輪、すごく気に入りましたし、アレルギーを起こすこともなく、毎日付けています。
ブログにも載せていただき嬉しかったです。

そして昨日、無事結婚式を挙げることができました。
指輪を、素敵だと沢山の人に褒められました。
廣瀬さんに頼んで本当によかったです。
どうもありがとうございました。」
Img_a715b6b3b9c230ec645590ec77ea61b6
左:女性リング 22金イエローゴールドにプリンセスカットダイヤモンド石留め 幅2.5mm
右:男性リング ハフニウム 幅4mm
ペアリングオーダーメイド    ¥380,160(税込み)


指輪のご注文・ご相談の詳細はこちら。→  (Click!) 

これまでにお作りした指輪の数々はこちらに。→  (Click!) 
Img_eb08bcb98ef8734043502aa1afa18a0d
結婚指輪の購入を考えています。
サイトを拝見して、変わった素材を扱っていると知って、一度ご相談したいと考えています。


というお問い合わせをいただきまして、
お打ち合わせと試作のやり取りを重ね、
お作りさせていただいたタンタルのペアリングです。

女性リングには、リングの幅いっぱいの大きさの
プリンセスカットダイヤモンドを留めて、
タンタルの渋い色合いに、光り輝くダイヤモンドが際立っています。


今回いただいたご注文は、
男性リングは、厚みが1.5、幅も1.5mm、と
非常に細くて薄いかたちでした。

また女性リングも、ダイヤモンドをセッティングした
対面の厚み、幅ともに1.5mmという
こちらも非常に細くて薄いかたちでした。

ですので、十分な強度を確保するために
タンタル材料は鍛造加工を行なうことによって
硬度を上げて、用いています。

鍛造して硬化させたタンタルは、
プラチナの3倍近くの強度があります。


ちいさな指輪ですが、持てる技術の粋を集めて実現した、
傑作になりました。



(写真画像をクリックすると拡大表示されます)
Img_28fa31c45171015caf721d74327fa641
タンタル材料とプリンセスカットダイヤモンド
Img_26011c3a6512308fa268e490b5e04d7b
鍛造加工を施して、強度を高める
Img_14ae521e33c55a44c5ae32bdbacd0b33
鍛造後の状態
Img_11c6ef08cc84b36e61569688ff4faa7a
タンタルの指輪 (左)幅1.5mmと(右)幅2mm
プリンセスカットダイヤモンドを石留め  オーダーメイド(ペアで) ¥370,000(税・送料込み)


指輪のご注文はこちらから。→  (Click!) 

金属アレルギーにならないタンタルの指輪はこちらをご覧下さい。→  (Click!) 
Img_54bcfd58aa4e2c1ec31deae2231a52c4
ディアナサンダイヤモンドを留めた、最高に美しい結婚指輪を作りたい。


そんな想いで、構想から10年をかけて実現に至ったリングです。

はじめてディアナサンダイヤモンドを知ったときに、
自分のところで取り扱いたいと思ったのですが、
当時は石だけを購入することは叶わず、半ばあきらめていました。

ところが、それから9年の年月が過ぎて、
改めてディアナサンダイヤモンドのことを思い出し、

探してみて、分かったことは、
創業者でもあり発明者でもある建築家・首藤尚丈氏が既に他界し、
ディアナサンダイヤモンドも手に入らなくなってしまっている事でした。

実情を知って危機感を感じたわたしは、ディアナサンダイヤモンドの権利の保持者を探し、
交渉を重ねて、ディアナサンダイヤモンドの販売権を買い取ることにしました。

この神秘の幾何学をどうしても後世に残す必要があるように感じたからです。

このディアナサンダイヤモンドを後世に残すために必要なのが、
普通のブリリアントカットよりも格段に難しい、
この特殊なカットを研磨できる日本の職人技術が失われないようにすること。

そして、そのためにも、しっかり売上を立てて、
ダイヤカットの職人さんに、継続的にカットの依頼をすることで
職人技術を保持することが必要です。


そこから、約1年、現代に合う、
結婚指輪にぴったり合うようなデザインを構想してきました。

そうして出来上がったのが、このペアリングです。

ディアナサンダイヤモンドの内のひとつ、
たった9面しかカット面がない「アンク」というカットの石は、
通常のブリリアントカットのようにまばゆく輝くわけではありませんが、
輝きは力強く、男性にも似合います。

石は指輪の幅いっぱいに見えるようにし、
側面からも光を取り入れ、構造的な美しさも見えるようにしました。

石が留まった部分の厚みは、なるべく薄く2.6mmに押さえ、
最小限の地金の厚みで充分な強度を確保できるように石座の形を工夫し、
地金には22金のイエローゴールドを用いていますが、
鍛造によって最大限に加工硬化を施しています。


シンプルなデザインですが、シンプルな美しさを極めるために
わたしが持てる意匠のすべてを結集しています。


(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)
Img_d03462f9b03a199a2adb74b14a02da9a
制作の途中でピラミッドにも訪問しました。
Img_5d771ad48b23f16b44cc94dfb6da35be
9面カットのディアナサンダイヤモンド・アンク
Img_df14328dbe68704d51c77185eec9fa42
ダイヤモンドセッティング
Img_ec309da0c275255a35c9da55ee9644b8
ディアナサンダイヤモンド・アンク×22金イエローゴールド 幅3mm
オーダーメイド(ペアで) ¥880,000(税・送料込み)


指輪の作り方はこちらからご覧ください。→  (Click!) 

ディアナサンダイヤモンドは他にもこちらをご覧下さい。→  (Click!) 
Img_b07a52e69fef44a0824b8ad5bb435acc
私が金属アレルギーのため指輪をどうするか迷っておりました。
ですが、廣瀬さんのサイトを発見し、すばらしい!と、嬉しくなって読み込んでしまいました。
詳しくお伺いしたいので、お時間をいただきたいと思っています。


というお問い合わせをいただいて、
打ち合わせを重ね、作らせていただいたタンタルのペアリングです。

女性リングには、9面カットのディアナサンダイヤモンドを、
リングの幅いっぱいに石留めしています。

自分で言うのもなんですが、このリング、
めちゃめちゃ美しいです。

ご依頼いただいたおふたりのアイデアと、素材の美しさ、
ダイヤモンドのカット、石の留め方の新開発、
他では真似できない技術、そのすべてが込められています。

もちろん金属アレルギーの心配もなく
一生安心して身につけていただけます。



(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)
Img_5829e45d088273bbc7b80388a1b2f9f3
タンタル材料
Img_9b2139f6b0d56de2e7434db4b0d215d6
ダイヤモンドを留めた段階
Img_77fa6aec08ef0df909981d0a5365bc4e
ディアナサンダイヤモンドの9面カット・アンク
Img_f3480e006184fc17be1a171e5c045a63
☆お客さまのコメント
「あの後も、何度も明りにかざして、アンクの虹を
眺めながら帰りました。

アレルギーの私でも、安心して身に着けていられる金属が
あることが分かっただけでも、とても嬉しいことでしたが、
いちばん始めに思い描いていたものより、ずっと素敵な
指輪に仕上げていただきました。

お守りのような指輪に出会えたことに感謝して、
これからもずっと大切にしていきます。

私たちも、廣瀬さんご夫婦の幸せを願っております!
どうもありがとうございました*^^* 」
Img_594847b7985681c1e9fae4a1e2b0bfe1
タンタルの指輪 ディアナサンダイヤモンド9面カット・アンク(0.13ct)石留め
オーダーメイド(ペアで)幅4.3mmと3mm  ¥638,000(税・送料込み)


指輪のオーダーメイドの詳細はこちらから。→  (Click!) 

これまでにお作りした指輪の一覧はこちらをご覧下さい。→  (Click!)