Img_b01288ab56fc66e0cb6e9210a4c3f577
タンタル素材でつや消しの黒色の結婚指輪をペアで作りたい。


という、ご希望いただきまして
お作りしたペアリングです。

試作を幾度も繰り返して、
東京−福岡の間を郵送でデザインのやり取りをし、
出来上がったのが、今回のデザイン。

メビウスの輪に、ウェーブのひねりを加えて、
見る方向によっては、ハートシェイプに見えたり、
∞(無限ループ)も見て取れる立体的な造形に削り出しています。

すべての金属の中で、もっとも黒い金属であるタンタルを
手間ひまをかけて手作業で削り出し、

つや消しのサンドブラスト仕上げと、
美しく輝く鏡面仕上げの2つの表面仕上げによって
コントラストを作り出しています。


金属アレルギーの心配なく、
シンプルだけれど、特徴的で存在感のある
一生身に着けて、安心で飽きの来ない結婚指輪を望む方には、
タンタル素材のメビウスのリングがおすすめです。


(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)
Img_e2ee8db6e33f9e02ed1880c737bff7d8
タンタル材料
Img_4eb0a85a38624e1344c16bba005c4061
アルミニウムで作った試作
Img_1d5014c15896b0bb043def3659364bfd
∞(無限ループ)のかたちも見て取れる
Img_0e34bb1f1230db1ecfa5649a1b429b74
タンタルの指輪 メビウスの輪
オーダーメイド(ペアで)幅5mmと3.5mm  ¥367,500(税・送料込み)


指輪のオーダーメイドの詳細はこちらから。→  (Click!) 

金属アレルギーにならないタンタルの指輪は、他にもこちらからご覧いただけます。→  (Click!) 
Img_b07a52e69fef44a0824b8ad5bb435acc
私が金属アレルギーのため指輪をどうするか迷っておりました。
ですが、廣瀬さんのサイトを発見し、すばらしい!と、嬉しくなって読み込んでしまいました。
詳しくお伺いしたいので、お時間をいただきたいと思っています。


というお問い合わせをいただいて、
打ち合わせを重ね、作らせていただいたタンタルのペアリングです。

女性リングには、9面カットのディアナサンダイヤモンドを、
リングの幅いっぱいに石留めしています。

自分で言うのもなんですが、このリング、
めちゃめちゃ美しいです。

ご依頼いただいたおふたりのアイデアと、素材の美しさ、
ダイヤモンドのカット、石の留め方の新開発、
他では真似できない技術、そのすべてが込められています。

もちろん金属アレルギーの心配もなく
一生安心して身につけていただけます。



(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)
Img_5829e45d088273bbc7b80388a1b2f9f3
タンタル材料
Img_9b2139f6b0d56de2e7434db4b0d215d6
ダイヤモンドを留めた段階
Img_77fa6aec08ef0df909981d0a5365bc4e
ディアナサンダイヤモンドの9面カット・アンク
Img_f3480e006184fc17be1a171e5c045a63
☆お客さまのコメント
「あの後も、何度も明りにかざして、アンクの虹を
眺めながら帰りました。

アレルギーの私でも、安心して身に着けていられる金属が
あることが分かっただけでも、とても嬉しいことでしたが、
いちばん始めに思い描いていたものより、ずっと素敵な
指輪に仕上げていただきました。

お守りのような指輪に出会えたことに感謝して、
これからもずっと大切にしていきます。

私たちも、廣瀬さんご夫婦の幸せを願っております!
どうもありがとうございました*^^* 」
Img_594847b7985681c1e9fae4a1e2b0bfe1
タンタルの指輪 ディアナサンダイヤモンド9面カット・アンク(0.13ct)石留め
オーダーメイド(ペアで)幅4.3mmと3mm  ¥638,000(税・送料込み)


指輪のオーダーメイドの詳細はこちらから。→  (Click!) 

これまでにお作りした指輪の一覧はこちらをご覧下さい。→  (Click!) 
Img_079dc9c8f2b0be8fd96b6f7eb6600161dfd1b491
王権を掌握するような特別な体験を、指輪を通して実現できないか?

ブランドでもなく、技術力の誇示でもなく、持てる力と魂の全てを注いだ究極の指輪を。


という、まさに、世界の頂点を極める指輪です。

天啓を象徴する金属イリジウムと、
地上の王権を象徴する大粒ダイアモンドを組み合わせて、
究極のソリティアリングに仕上げました。


約6500万年前、時代の主役は恐竜から、われわれ、ほ乳類に移り変わりました。

恐竜の時代(中生代)とほ乳類の時代(新生代)の間の約6500万年前の地層(KT境界という)には、
世界中、どこで調べてもイリジウムが高濃度に存在しています。
宇宙でもっとも重いイリジウムは、普通、地殻にはほとんど存在しないはずなのに、です。

このことは、どういう意味を持つのでしょうか?

ご存知の方も、いらっしゃると思いますが、
イリジウムを大量に含む直径10キロもの巨大隕石が落下したタイミングと
恐竜時代とほ乳類時代の変わり目の時期がぴったり重なっていることから、
恐竜の絶滅は、巨大隕石の衝突によるものと証明されました。

イリジウムは、天啓を象徴する金属です。


一方、ダイアモンドは、地球の奥深くで生まれます。

ダイアモンドはそもそも、炭素ですから、地球上にはありふれた物質であり、
わたしたち人間の体を構成する元素のうち18%を占めるほど、炭素は身近な存在でもあります。

ところが、地球の奥深く、3万気圧、1300℃以上という強烈な環境におかれると、
バラバラの方向を向いていた炭素原子は、律然とした配列をとるようになり、
地球でもっとも美しく、もっとも強固な結晶、ダイアモンドに変容します。

この高温は、地球誕生の時から続く、まだ冷めない熱の名残であり、
高圧は、地球自体の重さによるものです。

想像してみると、私たちの足下、200kmの深いところでは、大量のダイアモンドが、
しかもマグマの光と熱の中で輝いているのでしょう。

そんなダイアモンドが地球内部からの急激な噴出に乗って、地上に現れ、
光学的に美しいカットを施されて、最高の輝きに変わります。

ダイアモンドは、王権の象徴です。


もし、あなたが、

「地球で最高のものを贈りたい」

と考えたら、イリジウムとダイアモンドの組み合わせしかないのではないでしょうか?


永年の研究を経て、白く輝くイリジウムを指輪にする方法を開発し、
1.846カラット、Dカラー、VVS2、トリプルエクセレントカットのダイアモンドを
最新のストーンセッティング技術の開発によって組み合わせて、
見た目にも煌びやかな、究極の指輪が完成しました。

(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)
Img_2fd9edd4ec6ce9b8135ff3a7f2024b05ae3feb8f
イリジウム材料
Img_2138f49f14b391f21189ab4ba00c2369
ディアナサンダイヤモンドでも制作可能です。
Img_9e229cd194db8e0c742e4d3d607a2e97
銘木・黒檀の木箱に入れてお渡し
Img_6363f4c91134a1527a3c77b6b5f4a5f01b5ce8b7
ダイアモンド×イリジウム ソリティアリング  完全受注生産 ¥10,000,000〜
(生涯メンテナンス付き、ダイアモンドの指定も可能)


ご注文、お問い合わせはこちらからお願いいたします。→ (Click!) 

ダイアモンドはこちらからもお選びいただけます。→ (Click!) 

製品一覧はこちら → (Click!)