Img_997edfb4f74bcb808cee8ad9d57d23313291fb8f
純金と純プラチナを組み合わせたペンダントトップのオーダーメイドを
製作していただきたいのですが可能でしょうか?
デザインはいわゆる六芒星なのですが。


という、お問い合わせをいただきまして
1から全てオーダーメイドでお作りさせていただいた
ペンダントトップです。

縦13mm×横15mm×厚み1mmの純金(24K)の板と、
同じサイズの純プラチナ(Pt1000)の板を用意し、

レーザーカットで、純金、純プラチナどちらも
まったく同じ形の正三角形に切り抜いて、

金は上向きの三角形、プラチナは下向きの三角形にして
ロウ付けして接合し、完成しました。


純金や純プラチナは非常に柔らかくて、変形しやすいですが、
十分な素材の厚みをとって、安定感をもたせています。

素材選びからはじめて、かたち、比率にいたるまで、
完全オーダーメイドでお作りしたので、非常に特別なものになりました。
Img_6c120e70c4d6e2fea80fdac65b97b741b817a9b8
純プラチナ(左)と純金(右)
Img_437ddd608b17024ec35207244e1d425d17633509
レーザーカットの様子
Img_a9b6d585f5184f0733fb4adb2ee5a4c7336c8580
レーザーで正確に切り分ける
純金×純プラチナ ペンダントトップ オーダーメイド   ¥140,000(税・送料込み)


オーダーメイドの手順は、こちらをご覧下さい。→ (Click!) 
Img_0fd9806582452cc798f20a426aaf75d9ff030209
シンプルだけど、こだわりのある指輪にしたい。


という、希望をいただいて、
お作りさせていただいたペアリングです。

リングの内側に美しい曲線の彫刻を施して、
リングの側面には、ピンクトルマリンを6点、石留めしました。

着けて、パッと見る感じではシンプルなデザインですが、
細部にこだわりが詰まっています。

ジルコニウムは、このように、
彫刻も自由自在で、
石を留めることもでき、
金属アレルギーの心配も無く、
硬くて変形やキズに強く、
美しく輝く金属なので、

1から希望のままにお作りするオーダーメイドリングには
ぴったりの素材です。

(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)
Img_71ffbe42e7c8d8a4c91c93900bc23f1e94fe42dc
ジルコニウム丸棒
Img_92ccdf5686051e5543bcd813fa362f0e07071915
ジルコニウム削り出し
Img_6c7f1a9f8440f96312c209a5ae7c9ca0d14e66e9
粗削りの状態
Img_afd3af77a3fe6e45b3988940b801aa068ed38118
☆お客さまのコメント
まだまだ先だと思っていた結婚式まであと2週間ちょっとなんて時間がどうにかなって早送りで過ぎ去っているみたいです。

体が時間の流れに置いていかれて世界と切り離されている感覚です。
指輪なんかしたら完全に心がストンっと体から滑り落ちてしまいそうです。
Img_3af85cbc59ac46b7da564f20e03ddc34544b44ea
ジルコニウム オーダーメイドリング ¥272,000(税込み) 



オーダーメイドリングの作り方、注文の仕方はこちらをご覧下さい。→ (Click!) 

これまでにお作りしてきた指輪の数々はこちらをご覧下さい。→ (Click!) 
Img_4622f8c5d2cd9ea97c665ee1ec839aeac0b51a73
バナジウムを持ち込んだら、指輪にしてもらえますか??


という、お問い合わせをいただき、
非常に面白そうだったので、オーダーメイドをお受けいたしました。

バナジウムは、タンタルやニオブと同じV族の金属で、
金属アレルギーの心配がほとんど無く、かつ切削加工が難しい点でも
タンタルやニオブと似ています。

一方、ジルコニウムは、チタンやハフニウムと同じⅣ族の金属。
金属アレルギーの心配がないのはもちろん、特殊な処理によって美しい色に変わる
不思議な性質を持っています。

そんなバナジウムをリングの外側に、ジルコニウムをリング内側に組み合わせて
ジルコニウムには美しい青色の発色を施しています。

持ち込んでいただいたバナジウム材料は、ターゲット材として使われていた大きな塊だったので
レーザーでリング形状に切り抜いています。

最後に、同じく持込んでいただいたロシア産のダイアモンドを石留めして、完成しました。

非常に手間と工数がかかって出来たものなので、
やりがいのある一件となりました。

こんなふうに、思い入れのある材料をお持込みいただいて、
世界で他のどこにも無いストーリーをかたちにすることも大歓迎です。

(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)
Img_773fa7fdbfa1aa80996abec43d4eb7d264bc3bed
お持ち込みのバナジウム材料
Img_9381887e2951456a375dc5f543161591cc264ae8
レーザーで切り出す
Img_5bd78d9846c35320ead7b0800f94d43e70884b6f
切り出したバナジウム材料
Img_6b6690f78272536e65a43f97d5eb64361396684c
☆お客さまのコメント
4月にあきらめ半分で廣瀬さんにメールを送り、半年後、
こんな素敵な指輪が私たちのもとに来るとは思ってもいませんでした。
無理難題を次々と浴びせかけ、大変な思いをさせてしまいすみませんでした。
でも、廣瀬さんの悪戦苦闘のエピソードを思い出すと、より指輪に愛着が沸いてきます。
 
夫婦で一生大切にしていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

そして、これからもよろしくお願いします。
またお世話になるだろうと確信しています。
Img_1557136de337b6bbc4201568675571e7a7e2e3b5
バナジウム×ジルコニウム オーダーメイドリング  ¥318,000(材料持込み、税込み)



世界でたったひとつのオーダーメイドの指輪の注文は、こちらをご覧下さい。→ (Click!) 

これまでに、行ってきた実験的な試みの数々は、こちらをご覧下さい。→ (Click!) 
Img_71219b44f61fd9de7084ee8d5238c884e1baf26e
タンタルでメビウスの輪の指輪を作ってほしい


というご希望をいただいて、
大きなタンタルの塊から、一体成形で削り出して
メビウスの輪の形のペアリングを作りました。


ボリュームのある形を作りたい、
ゴロンッ!と大きな金属の塊の指輪を作りたい、
という方にはタンタルはおすすめの素材です。

なぜなら、タンタルは大きな塊から削り出して成形するので、
ボリュームのあるかたちでも、そうでなくても、
もともと使う素材の量は変わらないからです。

しかも、タンタルの密度は16.4なので、
18金と同じぐらいの相当な重さがあり、

黒い重厚な金属色とあいまって、
相当な存在感と手ごたえがあります。

もちろん、化学的に非常に安定したタンタルは
金属アレルギーの心配は無し。
サビや、くすみもありません。


ボリュームのある男性リングは、つや消しのシブい仕上げ、
細身の女性リングは、輝く鏡面仕上げです。

同じメビウスの造形をベースにしても、ボリュームと仕上げを変えることで
共通点と相違点が同居したペアリングになりました。

(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)
Img_6e552a7adad48e4e4481ec4317d47b1b11772a97
タンタルの塊から指輪の形状を削り出す
Img_809831046366cf129f8083f9a6013b1b9aff26ae
アルミで作った試作
Img_2623035bd54b1a930c2b32c9ad557ef74c45894b
あら削りの状態
Img_30105fee6172fcb69a2a85c58003031022421fef
☆お客さまのコメント
「作成していただきました指輪にて結婚式を11/3に無事行いました。
指輪は2人ともとても気に入ってずっと着けております。サイズも仕上げも完璧でした。
指輪を通して廣瀬さんと出会えたこととタンタルというレアメタルに出会えたことは私たちには貴重な出会いでした。
ありがとうございました。
これからも頑張って気持ちを込めた作品を作ってください。」
Img_7de3c60f9e355ed04cfc3f46bfbaf414d90e787d
タンタルの指輪 オーダーメイド   ペアで¥378,000(税、試作代、送料込み)



タンタルの指輪は、他にもこちらをご覧下さい。→ (Click!) 

タンタルの指輪オーダーメイドはこちらをご覧下さい。→ (Click!)