Img_b5a8039a25bc0a6d01c2a768b1242d042d672683
ジルコニウムを使って、「桜と蝶」のデザインのリングを作って欲しい。



という依頼をいただきまして、
お作りしたペアリングです。

おふたりは、具体的に結婚の話が固まったのが
3月から4月にかけての時期だったということで

奥さまが大好きな「和柄」の桜と蝶をモチーフにしたデザインを
ジルコニウムの美しい発色で実現しています。


愛媛からのご注文ということもあり、
実は一度も顔を会わせることなく

電話とメールだけのやり取りで、
画像や試作を受け渡して、完成に至りました。


桜の部分にピンク色の発色を、
蝶の部分にブルー系の発色を、と
ご希望頂いておりましたので、

ピンク~ブルーまでのグラデーションの発色を施して
全体的に調和がとれるような色彩に仕上げました。


ジルコニウムの色彩は、摩擦にさらされると、
いつかは消えてゆきますが、

今回のように、彫刻を施した部分に発色をすれば、
摩擦を受けて失われることはほどんどなくなります。



ジルコニウムリング      ペアで¥258,000(試作代・送料・税込)         

幅6mm、内周と彫刻にグラデーション発色、外周はヘアライン仕上げ

(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)
Img_622a73b99a4e75918551ea2a2e904320ab74d182
ジルコニウム材料
Img_877450954c067702869ee082ce9932d250d1fec7
図柄案を提案
Img_cac6a6230dcbb89e4a8b27ad88e2877fd6244816
アルミニウム素材での試作
Img_7e022861a5673bf65f637452e029bacd52b4c1cd
☆お客さまのコメント

昨日、指輪が届きました。ありがとうございます。
期待以上の色彩の鮮やかさ、素材の質感、そしてなにより
世界にただひとつという満足感、何をとっても価値のある
素晴らしい仕上がりで、心から感謝申し上げます。

妻も手元に届くのが待ち遠しかったようで、非常に喜んで
おりまして、贈った甲斐がありました。

最初から最後まで無理な我儘を受け入れて下さり、しかし
それを的確にデザインとして具現化された廣瀬さんの技術と
気質に、改めて感服いたしました。

このたびは本当にありがとうございました。
Img_ebb62d24384389a821142d03072d2ae6d6499dcf
リングに合わせて桜の木箱
ジルコニウムについてはブログの方でも詳しく話しています。→ (Click!) 

ジルコニウムはじめ希少金属の指輪の作り方はこちらをご覧ください。→ (Click!) 
Img_8e673e529dfb31369cb54f6ed1c4bc0556d93b66
何としても世界に一つしかない結婚指輪を作りたい。


というご希望をいただきまして
打ち合わせを重ねた末に決まった、
ゆるやかウェーブのデザインです。

当初、いただいた希望は、
おふたりの指輪は素材も別でいいし、
かたちに関連性もなくていい、と、
いうことで、試作を作らせていただきましたが、

試作を確認していただくと、
やっぱり二人ともタンタル素材で同じ形がいい、と
改案となりました。

それから更に改案があって、最終的には、
かたちは全く同じで、素材と仕上げ方が異なる
ペアリングとして完成しました。

結婚指輪って、二人の関係性の象徴みたいなものだから
指輪作りを通して、お互い価値観のすり合わせをしていくものなんだな。

と、デザインの変遷を見守らせていただきました。


異素材だけどデザインは同じ。
そんなコントラストが美しいペアリングです。



タンタル×22金イエローゴールド ペアリング   ペアで¥270,000(試作代・送料・税込)

(写真画像をクリックすると拡大表示されます。)
Img_a4f23df24254a397a03dbfb520ab55a4d0c8b2da
当初の試作
Img_8c95dff91b18f2c0ea11075b77eccc055746c207
タンタルと金の材料
Img_a948816586e76e8afe2d2d8d25f8e0d5cc9f1ca3
ウェンジュの手作り木箱
Img_8b526644ddfcedf568cf6b3d717cabed97789678
✩お客さまのコメント

夫婦どちらも大満足の出来栄えでサイズもぴったりでした。

本当にありがとうございました。
Img_a0296e880a9602f5434ba005338173feca732227
世界でほかのどこにもない珍しい指輪はこちらに→ (Click!) 

オーダーメイドのお問合せはこちら→ (Click!)